KHADI カディ



主にインド大陸で生産されている手紡ぎ・手織りの布の通称。インドでは、村で作られているものは、機械織りであっても、緯糸のみ手紡ぎの糸であっても、総じてカディと言われます。


CALICOでは、縦糸緯糸両方手紡ぎ(アンバーチャルカによる。詳細は下記参照)のものをカディと呼んでいます。手回しの力加減によって糸の組成にムラがおこり、また、細く切れやすいため、手で紡ぎ合わせることでフシ(ネップ)が生まれます。それが生地に独特の風合い・手触りをもたらします。中でも、かつてモスリンともてはやされた極細番手を織れるのはベンガル一帯だけとされています。


マハトマ・ガンジーが反英独立運動の際に、自ら手で紡ぎ、織って着用していたことで世界的にも有名で、ガンジーは「Khadi is not just a cloth. It is thought. (カディはただの布ではない。思想である)」ということばを残しています。


私たちが訪れる西ベンガルの村では、今では単一車のいわゆるガンジーチャルカではなく、写真(左上)のような複式チャルカで、織物の緯糸として使用される糸巻を一度に6〜8本、さらに染め用の糸巻きを同時に作ったりできるようになっています。この手紡ぎの良さを残しながらも少し生産性が向上した糸車のお陰で、村の女性たちも旦那さんや子供が家にいない日中の4-5時間、工場にくるだけで機織りの男性と同じくらいの収入が得られます。一方でガンジーチャルカも、染め終わった糸束から糸巻をつくるのに今でも重宝されており、カディの村では一家に一台はこのチャルカが置いてあります。

< 前のページ
47件 [ 1-12 ]