HANDWOVEN SILK 手織シルク

インドというと、その煌びやかなサリーのイメージからシルクを想起する方も多いと思うが、シルクは元来インドの原産ではない。紀元前に中国からもたらされたと考えられる。紀元前後、シルクロードの時代には唐から輸入されたシルク糸が綿織物の産地にも入り、絹織物が織られるようになった。やがてインドでも野蚕を採り、家蚕を育てるようになったという。


インドのシルクの種類は大きく4つある。それぞれ蚕が摂取する植物(葉っぱ)が異なる。野蚕のタッサー種、エリ種、ムガ種、家蚕のマルベリ種である。野蚕のシルクは、元来森の中で蛾が飛び立ったものを採取し、煮沸、つまり殺生しないことからアヒンサー(不殺生)シルクと言われる。主な産地は、カルナタカ州(マルベリシルク)、アッサム州や東北州(ムガシルク、エリシルク)ビハール州、チャティスガール州(タッサーシルク)などである。


野蚕は煮沸しないので、セリシンといわれるタンパク質が多く残り、それが独特の滑りやシャリ感を伝える。インドではサリーはパリっとノリがきいたのを纏うのがイキなのだが、なかでもタッサーシルクはそのハリが立体的な造詣をもたらすため、ノリがなくても一枚布のサリーが美しく羽織れる。暑さが厳しいインドの夏でも肌にまとわりつかず、涼しい。やわなものばかりでは遊びがないと考える着物の世界でも、タッサー種はその独特のテクスチャーでもてはやされてきた。


ショールやストールにしても、立体的な造形を楽しむことができる。キヤリコでは、タッサーシルクを織る地域とカンタの地域が割とオーバーラップしていることから、カンタのショールなどにタッサーシルクを用いることがしばしばある。ムガシルクはアッサム地方の一部でしかとれず、元来の地色である鈍い金色がザリ(金属糸)に並ぶ高価なものとしてサリーに使われてきた。もう来年にはなくなると脅されて久しいが、幸いまだ作りつづけられている。


キヤリコが最近力を入れているのは、エリシルク。バングラデシュではエンディと言われており、庶民のシルクとして広く普及している。繊維が短く、機械紡績ができない。手で紡ぐしかない。番手も太く、ざっくりして、やや動物的な滑りと湿り気を感じる。つまり、冬には保湿効果が期待できる。LIVING BLUEのカンタ布シリーズにも、多く用いられている。


マルベリシルクは、多くのデザイナーさんにも愛用いただいているキヤリコの定番人気生地である。独特の黄身を帯び、鈍く柔らかな光を放つ生地である。


ノイルシルクといわれる、クズ繭(紡績の際にでるごく短い繊維)を紡績した手織のシルク生地もお作りしている。クズ繭、と言われているが、手間がかかるからか、価格は普通のシルク並みか、それ以上のこともある。水通しして使い続けると、肌に馴染み、表情がでてきて面白い。


< 前のページ
次のページ >
38件 [ 1-38 ]