モスリンA /10cmあたり CAF700

190円(税込)

ホワイト
ブルー/緑耳
ホワイト/緑耳190円(税込)
在庫なし
購入数
* 一部在庫のないお色につきましては、左下の再入荷通知サービスをご利用ください。
* 表示価格は10cmあたりです。最小50cmから、10cm単位でお求めいただくことができます。購入数5個以上をお求めください。(1個=10cm)

原材料:コットン 100%
生産国:インド
横幅:約110cm

モスリンAは、ベンガルが世界に誇ったとされる極細番手コットン生地「モスリン」の素朴な風情と透け感を残す生地です(※)。縦糸に約100カウント、緯糸に約100カウントのアンバーチャルカ糸を使用。うっすらカディよりも緯糸が少し太く、打ち込みは少なくなっています。

※ 現代インドにおいて、モスリンは100カウント以上のカディを指します。一方で、モスリン発祥の地といわれるバングラデシュではモスリンは絶えてしまったとされ、代わりに極細番手のシルクを指すことがあります。近年、両国では400カウントや500カウントのモスリンも復興されつつあります。

多くのインド国内市場では、緯糸のみ手紡ぎのもの、あるいはヴィレッジミルと呼ばれる力織機で織られているものもカディとされることがありますが、CALICOのカディは原則「縦緯手紡ぎ(縦糸も緯糸も手紡ぎ)」です。

* 手紡ぎの糸は、村の女性たちが、主にアンバーチャルカと呼ばれる、シングルチャルカよりも生産性の高い糸車を使ってお作りしています。アンバーチャルカを使うことで、女性たちでも織り師の男性と同じくらいの報酬を手にすることができます。手の揺らぎが伝わることから不均一性ができることと、糸が切れた場合に手紡ぎのフシができることが特徴です。
* 手織りの布の多くは、村の小屋で織られており、その環境によって糸や草が混入していることがございます。不均一な箇所やヨレ、糸飛びによるカスレがある場合がございます。手織り布の特徴として、ご理解の上お求めください。
* (ブルー/緑耳のみ)多少の色落ちや色移りがございます。薄いお色のファブリックの家具などとのご使用はお控えください。