MAKU by Santanu Das

MAKU logo

makuは、ベンガル出身のSantanu Dasによってはじめられたブランド。


Santanuは、NID(国立デザイン大学)でテキスタイルデザインを学んだ後、コルカタ近郊の村々で、彼が信頼を寄せ、タッグを組む織り師らと、根源的な美しさや調和を求めた、カディ(手紡ぎ・手織り布)やジャムダニ生地を手がけてきた。


しばしば発散的なデザインや色遣いが特徴とされるインドのものづくりにおいて、インド藍などの天然素材や、地色に集中した彼独特の素材づかいは、貴重な資源であり、制約のなかにあって尊ばれてきた布というものの本来の力を目覚めさせる。同時に、それらを頼って生きてきた、私たち人間の感性をも呼び起こすものである。


それらの布が果たす役割を考えたとき、女性が纏う衣装は、最も普遍性のある美の形であるとSantanuはいう。


makuとCALICOは共に「インドの手仕事布の世界をつくる活動である」とする設立思想を掲げ、設立のタイミングや多くの生地の生産背景を同じくする縁によって繋がっている。

makuとCALICOは共に「インドの手仕事布の世界をつくる活動である」とする設立思想を掲げ、設立のタイミングや多くの生地の生産背景を同じくする縁によって繋がっている。ものづくりや品質管理の考え方に至るまで尊敬するところが多く、サリーパッチワークシリーズなどCALICOが企画・デザインしたものの一部をmakuに生産協力してもらっている。またCALICOは、日本やデリーを中心にmakuの作品の紹介を行っている。

< 前のページ
55件 [ 1-48 ]