キヤリコ:インド手仕事布の世界

ABOUT INDIAN FABRICS


インド手仕事布の世界


古来織り伝えられてきたインドの布。
その中でも17、18世紀の欧州や日本でもてはやされた、軽くて心地のよいインドの手織り綿布をCALICO(キヤリコ)といい、同じような素晴らしい布を機械でつくりたいという人々の思いが、後に欧州と世界に紡績機の発明や産業革命をもたらしたといわれています。

幾世を経て、なお昔ながらの「布の時間」が流れるインドの村々では、村の心拍のような布づくりの営みが、今もパタンパタン、カラカラ、コトコト、チクチク、奏で続けられています。

そこには、スピードや便利さ、画一性、均一性とは違う、豊かで新鮮な布の手触りがあります。


手仕事布とマハトマ・ガンジーのことば

チャルカ(糸車)が回れば村が回る。
「カディー(手織り布)は村という太陽系における太陽にあたるものである。カディーを支える様々な産業は、太陽の熱とその存在のおかげで生きることができる惑星のようなものである。それなしで他の仕事は育まれない。村の人々の空いた時間を有効に活用するためにも、村の至るところで行われていなければならない。」

「チャルカ(糸車)は大衆の希望を象徴している。〜中略〜チャルカは、古今を通じて種取り、梳き、整経、糊付、染め、織りなど全ての仕事とともにあった。また、そのおかげで村の大工や鉄工も忙しかった。チャルカは70万の村を自活させてきた。〜以下省略」


主なインド手仕事布のご紹介

KHADI カディー(手紡ぎ・手織り布)

主にインド大陸で生産されている手紡ぎ・手織りの布。チャルカと言われる糸車を使って紡ぐために、手の動きにあわせてムラがおこり、それが生地に独特の風合い・手触りをもたらします。
カディーのアイテムはこちら


BLOCK PRINT ブロックプリント

手で繊細な模様を彫り抜いた版木(ブロック)を用いた捺染の技法、およびそれを用いた布をブロックプリントといいます。17、18世紀には、花柄やペイズリー柄などをプリントした更紗がCALICOとしてヨーロッパに輸出されて一世風靡し、あまりの人気に輸入禁止になったこともあります。今でもラジャスタン州を中心に手仕事による新しいデザインが創造され続けています。

KANTHA カンタ刺繍

刺し子刺繍の布。女性が家の中で古くなったサリーを重ねて刺し子刺繍を施したもの、手織りのシルク布にさまざまな色やデザインを施したものなど豊富なバリエーションがあります。一枚をつくるのに数か月要します。
カンタ刺繍のアイテムはこちら

JAMDANI ジャムダニ織

ベンガル地方に伝わる縫取織の技術、およびその織りを用いた布をいい、主にはコットンのジャムダニサリーとして知られます。
薄手の素材に繊細で独特な織りが透けてみえるのが特徴です。